Empty Dumpty
ヒトもすなるぶろぐといふものを、私もしてみむとてするなり。 徒然なるままに文章を書いてみるつもりです。
拍手お返事

忙しくなりまして。
こっち方面で何が辛いって、他の方のページを見に行けないことですね…。
SS読みたいよー
絵を見たいよー
以前は週に何回も伺わせて頂いていたサイトも、月に一、二回行ければいいという…。

次点としまして、SSを思う存分書けないということですかね。
書くことを次点にしている時点で、管理人としてはどうなんでしょう?

こんばんは
フェルゼです。
前置きが長い。

二日間の限定公開SS。
叱られるかなーと覚悟していたのですが、たくさんの拍手をいただいてしまいました。
ありがとうございます…。
読んでくださった方々は御存じでしょうが、あれはEndingの一つ。
他の形も構想中ですので、気が向かれましたらそちらをお待ちいただけると嬉しいです。

では、頂きました拍手コメントにお返事をさせていただきたいと思います。
読んでくださった皆様、どうもありがとうございました。

>薫様
狂気も切なさも、それは似たものかもしれないと思うのです。
強い感情というものには、どこか、狂気が内包されているのではないかと。
誰かを強く思うことは、感情の一つの頂点。
だからこそ、純粋な狂気が奥底に横たわり、それは美しい。
なんて。
もしかしたら、時たまこんな狂気が姿を見せるかもしれませんが…よろしければお付き合い下さいね。


>言葉は要らない、ただ賞賛を の方
簡潔なお褒めの言葉、非常に嬉しいです。
見てくださった方々が、言葉にならなくとも何か、を。
何かを感じてくだされば、幸い。
賞賛という形で示してくださったことに、感謝を。


>05/12 13:21 の方
心臓に悪いですね、どうにも。
日付が変わってなお、悩んで、書いて、書き直してを繰り返して。
載せた後しばらく、気分がドーンと沈んでました。
微妙なバランスの上に成り立たせていた独占欲を崩してしまったという。
お考えの通り、です。
そんな自分の切り売りのようなSS、ご満足いただければ何よりです。


>05/14 02:56 の方
終わり方一つで、そこに至る過程の意味が変わってしまいますね。
この終わり方は、確かに、深く静かに崩壊をしていく様を表していたと。
そういう解釈が、可能になりました。
けれども、その前回部分に書きました通りUsSとしてはNGですので。
できることなら、幸せな結末を迎えてほしいと思います。
今回のが不幸かと聞かれると、返事に窮するのですが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Empty Dumpty all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.